減塩食ドットコム

〜減塩食で高血圧と腎疾患を改善しよう〜

腎疾患と高血圧で食事療法と運動療法する事になりました。(ネフローゼで入院経験あり40歳男性)

      2017/08/29

10日ほど前でしょうか、仕事が終わって家に帰り靴下を脱ぐと足にはクッキリすぎるくらいゴムの跡が。べこっと足が凹んでいる酷いむくみでした。何となく嫌な予感がしたんですよね。

もともと腎臓が弱く小さい頃から入退院を繰り返してきたので「足のむくみ」は腎臓が悪い時の症状だと分かっていました。これで尿にタンパクが出ていれば確実にビンゴ。腎臓病の再発だと思いました。

不安になったのでドラッグストアで検査紙を購入して検査すると、++(2プラス)でした。残念でしたが…「尿たん白」が検出されてしまいました。自分はネフローゼ症候群で4歳から小学生まで通院していました(数回の入院)その後、18歳で再発、長期間腎臓の病気と付き合っていたので今回も再発かぁ、、、と落ち込みながら病院へ。

病院で尿検査しても++(2プラス)だったので、血液検査をして詳しい検査結果を待つことに。そして本日検査結果が。

尿タンパクが検出されていましたが、血液検査の結果はそこまで酷くなくアルブミンの数値もオッケーでした。(ネフローゼであれば尿中にアルブミンが漏れ出す事が多い)

本日の早朝尿結果も+-(プラスマイナス)でそこまで酷いタンパクは出ていなかったんです。

食事療法と運動療法で治療を進める

腎疾患はあるものの、ガッツリ投薬したり入院して治療するほど酷くない。というのが今回の見解でした。しばらくは、食事療法と運動療法で様子をみるという事になりました。とりあえず安心しました。再発だったらプレドニンというステロイドを服用することになり、副作用もあるので嫌だったんですよね。

塩分コントロール

血圧も高いと診断されたので食事療法と運動療法の2つを同時に進行する事に。特に血圧は下が高かったので、効果があると言われてる有酸素運動は必要だと。(通常ネフローゼであれば、運動は制限されますが今回は再発とは診断されていません。)

とにかく減塩

食事療法は今日病院で指導されたんですが、以前ネフローゼだった時はずっと「減塩料理」がベースでした。とにかく塩味の料理はほとんど食べた事がなく小さい頃『塩のついたおむすびが食べたい』と泣いたほど、とにかく減塩でした。

減塩 冷やし中華

ですから、今回もしかして再発かな?思った次の日から妻と相談して減塩メニューに切り替えました。しばらく腎臓のことなど忘れるほど健康だったので、天ぷらには塩!ポテトには大量の塩!インスタントラーメン!などなど腎臓が悪かった時代に食べれなかった塩味の料理を食べまくっていたのもよくなかった気がします。

「減塩」をサポートする「やさしお」という塩も購入して、減塩食を意識していたのですがこの「やさしお」にはカリウムが含まれているため腎臓病の方は医師に相談が必要だと書かれていたり、昔より減塩メニューが作りやすい世の中になっていますが、気をつけないといけない事も増えているのかも。このあたりはもう少し勉強が必要です。

高血圧と腎疾患になってしまった事には様々な原因がありますが・・

禁煙してから辛い食べ物が以前より食べられるようになったので頻繁に食べてみたり(当然塩分も多い)、禁煙したから運動をしようと突然激しい運動をスタートしたり、様々なストレスもあり、一気に様々な環境が変わってしまったんですよね。それに身体がついていけなかった可能性が高いのかも。

さらに自分の仕事をスタートして2年半、パソコンと向き合う事が多い職種になりますので、それにより「運動不足」になりました。そして以前より「増えた飲酒」「ストレス」「1週間に1日しかない休日も半分仕事で休まない」などなど、これだという原因は分かりませんが書き出せば次々出てきます。

ネフローゼとか関係無く!とにかく健康に気をつけた生活を!

プチトマト

塩分を控えて、野菜を多く食べて、運動して、夜は早く寝て(腎臓は夜休むように身体にインプットされているので夜更かしはNG)、そして、少し身体を休める休日を作っていかないとダメだと思いました。

もともと身体が弱いのに40歳をすぎて無理な生活をすれば壊れるのは確実だったんです。これからは、もう少し健康に気をつけた生活を心がけたいと思います!

減塩食宅配ランキング:高血圧・減塩中の方に人気です

第1位:塩分制限(2g以下)の宅配食がオススメ!

管理人も愛用しているウェルネスダイニングの宅配食が抜群の人気で2017年8月もランキング1位になりました。濃いめの味付けで「減塩食初心者」「一時的に減塩したい妊婦の方」などにオススメ。

当サイト経由申し込み数ナンバーワンの宅配食サービスで一番人気は送料無料のお試しセットです。

第2位:糖尿病・腎臓病の方におすすめの宅配食

管理栄養士が考案したという「糖尿病、腎臓病、そして高血圧の方向けに考えられたメニュー」がポイントの彩ダイニングが今月もランクインしました。

彩ダイニングには「たんぱく・塩分調整コース」が用意されているので腎臓病の方にもおすすめです。タンパク質と塩分両方を抑えたい方向けのコースになるので安心感が違います。

第3位:価格も安くて人気急上昇中の宅配食!

「食宅便ケアシリーズ」とは?

9,000人以上の管理栄養士・栄養士を擁する日清医療食品は、医療・介護施設の食事サービスシェアNo.1!

そのノウハウを活かして誕生した塩分・カロリーなど食事制限が必要な方におすすめの食事宅配サービスです。

7食セットの価格が他より安いのが最大の魅力!送料無料4340円(税込)

 - 減塩食が必要な病気