減塩食ドットコム

〜減塩食で高血圧と腎疾患を改善しよう〜

【体験談】妊娠期〜産後まで減塩生活した時に感じた事

      2016/12/08

※こちらの記事はKさんが担当した減塩食に関する体験談になります

妊婦 食事 減塩

妊娠後期に手足のむくみが気になり塩分を控える食生活に

私は妊娠後期から手足のむくみが気になりはじめました。とにかくひどいむくみで、履いてきたサンダルが病院検診後の帰宅の際に履こうとしても履く事ができないほどに。酷いときには足のくるぶしも見えないようなむくみでした。まるで象の足のようです。家族は驚き、ただただ心配してました。

検診のたびに病院で先生に相談しても「塩分と水分に気をつけて下さい」と言った程度のものでした。産後であればむくみを取る薬も使用できるのですがそれは無理なので、自力でむくみを排除するしかありません。

塩分を控え、水分を控える生活に切り替えましたが・・・

まず始めたのは、とにかく塩分を控える事と、水分を控える事からスタートしました。調味料には「お酢」や「レモン汁」を代用しました。醤油の代わりにポン酢などを使う事も試しました。その他、ソースや醤油などの調味料も料理に直接かけるのを止めて、少量の調味料を別皿にそそぎ、そこに食べ物をつけて食べたりもしました。

寝る前には足を高くしたり、着圧ソックスを利用しながら、なんとかむくみを改善させようと必死でした。

しかし完全にむくみが解消される事なく、出産日を迎える事になり、案の定「妊娠中毒症になりながらの出産」でした。母子ともに危険な状況であると説明を受けた時は愕然としました。血圧も高く、意識は朦朧。それでも無事出産しましたが、入院期間は通常の倍になりました。

入院期間中の食事〜退院その後

入院期間中は肝臓病人食で、調味料は無しです。薬で体内に溜まった余分な水分を排出し、体重にして約2キロ分でした。入院中に足のくるぶしもようやく見え始め、回復し退院。帰宅後も塩分調整には真剣に取り組みました。水分も余分には取らずの生活を続けています。

今でもホルモンバランスの影響や、酷く疲れが溜まってしまうと、むくみがでてしまいます。その時はなるべく早めに対処しています。

妊娠していない現在の「むくみの対処法」として取り入れているのは半身浴です。これが一番効果があります。余分な水分を発汗し、スッキリします。時間とお金に余裕があれば、岩盤浴がオススメです。一目瞭然です。見違う程に身体がスッキリします。

減塩食を試した感想ですが、最初は薄味に抵抗があり、食べた気がしなくて、、食事自体が苦痛になるほどでしたが、慣れてしまうと、外食先での食事の塩分量に驚くほどに変化していました。

管理人の感想

今回Kさんが病院で出されていた食事は「肝臓病の方向けの食事」だったという事で少し調べてみると、やはり減塩した料理を使うようですね。腎臓病や高血圧のための食事とはまた違ったものになっているようですが、出産後の入院生活でも使われる事があるんですね。

減塩食宅配ランキング:高血圧・減塩中の方に人気です

第1位:塩分制限(2g以下)の宅配食がオススメ!

管理人も愛用しているウェルネスダイニングの宅配食が抜群の人気で2017年6月もランキング1位になりました。濃いめの味付けで「減塩食初心者」「一時的に減塩したい妊婦の方」などにオススメ。

当サイト経由申し込み数ナンバーワンの宅配食サービスで一番人気は送料無料のお試しセットです。

第2位:糖尿病・腎臓病の方におすすめの宅配食

管理栄養士が考案したという「糖尿病、腎臓病、そして高血圧の方向けに考えられたメニュー」がポイントの彩ダイニングが今月もランクインしました。

彩ダイニングには「たんぱく・塩分調整コース」が用意されているので腎臓病の方にもおすすめです。タンパク質と塩分両方を抑えたい方向けのコースになるので安心感が違います。

第3位:価格も安くて人気急上昇中の宅配食!

「食宅便ケアシリーズ」とは?

9,000人以上の管理栄養士・栄養士を擁する日清医療食品は、医療・介護施設の食事サービスシェアNo.1!

そのノウハウを活かして誕生した塩分・カロリーなど食事制限が必要な方におすすめの食事宅配サービスです。

7食セットの価格が他より安いのが最大の魅力!送料無料4340円(税込)

 - 減塩体験談