栄養と料理11月号の特集は「秋の減塩和食」です!

少し前に雑誌クロワッサン(No.911)の特集が「おいしい減塩」です!という記事を書きましたが、先ほど何気なく本屋さんで料理雑誌コーナーを眺めていたら栄養と料理2015年11月号のメイン特集が『秋の減塩和食』だったのでチェックしてみました!

目次

栄養と料理 2015年11月号『秋の減塩和食』

今回の特集は「秋の減塩和食」という事で魚介、肉と野菜のおかず、ごはんもの、麺類、などなど様々なレシピが掲載されていました。特集内容は以下の通り。

  • 塩分を控えてもおいしい!
  • 秋の減塩和食
  • 魚介の定番料理を低塩でもおいしく…《分とく山》 野崎洋光
  • 肉&野菜の味わいおかず…《菊乃井》 堀 知佐子
  • 塩が引き立つごはん&めん…料理研究家 河合真理

どれも美味しそうなレシピだったんですが、この中で一番気になったのが「無塩料理」のレシピです。

一切塩を使わない料理って何だろう?と思いましたが、白ネギをメインにしたレシピで、ネギをこんがりと焼き、酢とオリーブオイル、くこの実などを上手に使ったレシピでした。こういった塩を全く使わない料理を副菜に選んでいけば、主菜に塩分を使えるので便利そうですね。

また、滋賀県草津市で全国に先駆けて実践!1食あたり塩分2.4g以下のおいしい減塩給食なんて記事があったり、連載ページには「目指せ!塩分1日6g フードライター白央篤司の減塩日記」という減塩をテーマにした読み物も掲載されていました。

この減塩日記では「減塩している人が食べるラーメン」について書かれていて、スープを出来るだけ飲まないようにする。などなど、減塩の基本的な事しか書かれていなかったけど、こういったコラムを読んで健康のために塩分を取りすぎない生活にしようとする方が増えればいいなと思いました。

ラーメンの塩分に関しては、以前塩分量2グラム以下でインスタントラーメンを食べる方法という記事を書いていますので参考にしてください。それでは、また。

ウェルネスダイニング
栄養と料理

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次