オレンジページの減塩レシピ集『塩ひかえめでもきちんとおいしい料理の本』を購入しました!

塩ひかえめでもきちんとおいしい料理の本

先日発売されたばかりの減塩レシピ本「塩ひかえめでもきちんとおいしい料理の本」を購入しました。この本はオレンジページから発売されていて「減塩の基本とコツ」「人気のおかずを減塩レシピに」「塩分ほぼゼロおかず」「塩分3g未満の減塩献立」という4つの項目がメインになっています。

減塩 レシピ本

これから減塩をスタートしようと計画している人はもちろん、しっかりと減塩している人にもオススメ出来るレシピ本になっていました。94ページで読み応えがありますし、専門的なレシピ本なのに価格も900円でお買い得だと思います。

減塩が必要な理由

まず「なぜ減塩は必要?」という特集からスタートします。家族で減塩が必要な方がいて急に減塩食を作るようになったけど、、、そもそもどうして減塩する必要があるのか。そんな基本も分かりやすく解説されています。

減塩 初心者

減塩をスタートしたばかりだと全てのおかずを一気に減塩食にするのは難しかったりしますが、このレシピ本には「まずは一品から減塩にチャレンジ」という特集ページがあります。もちろん今まで減塩に取り組んでいる方でも参考になるレシピばかりですよ。

肉じゃが 減塩

たとえば「肉じゃが」のレシピは…普通に作ると3.5gの塩分が1.2gになります。それぞれのレシピには減塩のコツも掲載されているので勉強になります。

無塩 レシピ

個人的に減塩食でオススメのレシピは…塩分がほぼゼロの無塩レシピです。

たとえば誕生日や記念日など、今まで減塩していたけど大好物の料理を家族に作ってあげたい。そんな日もありますよね。そういう時は副菜でガツンと減塩するのがオススメです。トータルで考えると意外と1食3g以内には収まるものですよ(※基本は1食2gの塩分です)

減塩 献立

毎回レシピ通りに作るのは難しいと思いますが…「塩分3g未満の減塩献立」という特集ページには主菜、副菜、すべてのレシピが掲載されているので、時間がある時は「全てを減塩で料理する」事を実践してみてはどうでしょう?家族が薄味になれる練習にもなると思います。

塩ひかえめでも きちんとおいしい料理の本

塩ひかえめでも きちんとおいしい料理の本

その他、外食・中食で減塩するコツや減塩に関するQ&Aなどのコラムも約に立ちます。しっかりと塩分を測るための計量スプーンに関する事や、電子塩分計に関する事なども掲載されていました。

ただ、腎臓病でカリウム制限をしないといけない人にはちょっとオススメ出来ない内容もありますので、基本的には高血圧などで減塩しよう、ダイエット目的で減塩しよう、と思っている初心者の方に読んでもらいたい減塩レシピ本になっていました。とりあえずいくつか作って試してみたいと思います。

ウェルネスダイニング
塩ひかえめでもきちんとおいしい料理の本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次