高血圧

朝昼晩、どの食事の塩分を減らすと高血圧に効果があるの?

「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」ということわざがヨーロッパにはありますが、効果的に栄養を身体に吸収するために、食事を摂る時間やタイミングを考えるとグッと効果が高くなることもあるそうです。

では、減塩に効果的な食べ方は、どのタイミングなんでしょうか!?

朝昼晩、塩分に注意すべき食事は・・・「朝食」!

先日購入したクロワッサン(参考リンク:雑誌クロワッサン(No.911)の特集が「おいしい減塩」です!)を読んでいるとこんな文章が掲載されていました。

人間の体内時計に則して研究する時間栄養学によると、朝8時ごろの食事の塩分量が多いと血圧が高くなりやすい事がわかってきました。

朝8時ごろの食事の塩分量が多いと血圧が高くなりやすいと書かれていました。自分は高血圧なんですが朝食は毎朝8時に食べています。もちろん減塩食なんですが…これを読むと出来るだけ朝食の塩分は控えめにした方がよさそうですね。

日本の朝食といえば、「みそ汁、漬け物、焼き魚」などが頭に浮かびますが、どれも塩分が高い料理ばかりです。洋風の朝食はどんなイメージですか?パンやハムなどを思い浮かべる方も多いのでは?パンには塩分が含まれていますし、ハムなどの加工品も塩分は多めです。

朝食で減塩するなら和食がオススメ

減塩 朝食

もちろんホームベーカリーなどを使えば自宅で減塩を意識したパンを食べることも可能ですが、食パンやハムなどは基本的にスーパーなどで購入する人が多いのでは?自分で作ることが難しい食材ばかりの朝食で減塩しようと思うと、量を減らすという選択しか思い浮かびません。

和食であれば自炊する方が多いと思うので、みそ汁は「減塩みそ」を使う、漬け物は食べない、調理方法を変えれば様々なおかずが減塩で楽しめます。個人的にオススメなのは納豆です。付属のたれを少なく使うとか、醤油を入れずポン酢にする、などなど減塩していても美味しく食べられて健康にもいい!納豆は本当にオススメです!

逆に塩分が少し多くてもよいと書かれていたのは「夕食」ですが、『ちょっと塩分が高くてもいいと言われています』と書かれていただけなので、毎回多めにして大丈夫ということにはなりませんが一日6グラムの塩分と決めていれば朝は控えめに1.5gくらいにして、お昼を2g、夕食に2.5gという振り分け方にしても良さそうです。

2.5gの塩分になると、、、一気に食べられる定食やファーストフードが増えます。何事もバランスなので減塩も毎食2g以下の塩分と決めつけず一日のトータルで考えることも必要だと最近感じています。それではまた。

ウェルネスダイニング

減塩食宅配ランキング:高血圧・減塩中の方に人気です

第1位:塩分制限(2g以下)の宅配食がオススメ!

管理人が最初に試した減塩タイプの宅配食「ウェルネスダイニング」も安定の人気です。

濃いめの味付けで「減塩食初心者」「一時的に減塩したい妊婦の方」などにオススメ。

気になった方は、初回送料無料のお試しセットをチェックしてください。満足度高いです。

第2位:送料無料で価格も安い!

主菜1品+副菜3品がセットになった「まごころケア食」は7食セットで4,160円(税込)と価格が安いのが魅力の宅配サービスです。この価格だと送料がかかるのが普通なんですが…まごころケア食は送料無料です。

もちろん「塩分制限食」「たんぱく調整食」も用意されているので病院から塩分制限やたんぱく質制限にするように指示されている方も安心です。

第3位:有名なニチレイの冷凍おかずセット

冷凍食品で有名な「ニチレイフーズ」にも、塩分とカロリーに気をくばったヘルシーな冷凍おかずセットが用意されています。他社と比較すると1食あたりの塩分量が平均1.7gと少なく、さらにカロリーも控えめなので、体重が気になる方にもおすすめです。

※会員登録するとすぐに使える500円分のポイントがプレゼントされます。

「購入手続き」の次の画面で「新規会員登録(無料)」を選択してポイントをゲットしてください!めちゃくちゃお得です。(送料無料:2980円 税込

-高血圧

Copyright© 減塩食ドットコム , 2021 All Rights Reserved.