小麦アレルギーでもパスタを食べたい!という事で「ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ」を試してみた。

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

小麦アレルギーだと分かってからパスタは食べないようにしていますが、以前買ったパスタ用のレトルトソースなどはあれこれ残っているので「ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ」という商品を買って食べてみました。

実際に食べてみるとスパゲッティとは違う麺ですが…これはこれで悪くないと思います。(最高に美味しいというわけではないけど)

目次

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

イオンのトップバリュで販売されている商品になります。使用しているアレルゲンは「そば」のみ。塩分は0gになるので減塩している方にもおすすめです。

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

また「鉄分」も豊富なのもポイント。最近、鉄分不足な女子に麦芽飲料のミロが売れているそうですが「ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ」も鉄分豊富でいいかも。

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

原材料をチェックすると、ひよこ豆、玄米粉、ばれいしょでん粉。これだけになっています。同じ生産工程で「卵、小麦」を含んだ食品を扱っています。と、書かれているのでコンタミネーションが気になる方は注意してください。

ちなみに…よく見たら原産国は「イタリア」でした。イタリアでも小麦アレルギーなどで普通のパスタが食べられない方がいるって事なんですよね。当たり前の事なんですが何だか妙に納得してしまいました。

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

茹で時間は11分。茹で上がると「ぬめり」があるので、1度水で洗う必要があります。ですから普通のパスタより少しだけ手間がかかりますが、うどんやそばなども同じなので…あくまでもパスタに似た麺類と思って使った方がいいかも。

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

こちらが「ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ」です。麺の表面は少しだけザラザラした感じです。これは茹で上がってお水で流しても、やっぱり少しだけザラっとした食感になります。

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

今回は市販のレトルトミートソースをかけてみました。パッとみた感じは完全にスパゲッティですね。

ひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティ

先ほど書いたように表面がザラザラしているので、ソースが絡みやすくパスタソースと相性はいいと思いました。

麺自体の味ですが「豆の味がほんのり」するので、普通のパスタとは全く違う味ですね。しかし…これが不思議なもので食べ進めると慣れてきて美味しく感じました。

パスタは外食で食べられなくなったので、これから自宅でパスタを食べたくなった時はイオンでひよこ豆と玄米からつくったスパゲッティを買ってきて食べようと思います。

またレトルトソースの塩分に気をつければ、塩茹でが必要なパスタと違って塩分も抑えられるので減塩生活している自分には合っているのかも。

それでは、また。

ウェルネスダイニング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次