【レビュー】メディカルフードサービスの塩分制限食を実際に食べた感想(お試しセット)

メディカルフードサービス 塩分制限食 レビュー

自分は高血圧と腎臓が悪くて減塩生活になりましたが、世の中には様々な理由で塩分制限が必要な方がいます。今回紹介するメディカルフードサービスは医療・介護食専門のメーカーになるので様々な制限食が用意されていて安心です。

減塩食だけじゃなく、タンパク質制限が必要な方向けのお弁当もありますし、糖質制限タイプ、カロリー制限タイプ、さらに噛む力が弱った方向けの「やわらか食」まで用意されています。

今回、発売元のメディカルフードさんから連絡をいただきレビュー用に「塩分制限食(お試しセット)」を送ってもらったので、実際に食べた感想を書いていこうと思います。

目次

メディカルフードサービス「塩分制限食(お試しセット)」実食レビュー

メディカルフードサービス 減塩 宅配食

「塩分制限食(お試しセット)」は、塩分・脂質制限が必要な方向けの宅配食になっていて、価格は5,140円(税込)です。自宅にはクール宅急便で届きました。冷凍タイプになるので、冷凍庫の空きスペースを確認してから注文するのがおすすめです。

メディカルフードサービス 健康おうちごはん

開封するとこんな感じでお弁当とパンフレットなどが入っていました。

メディカルフードサービス 減塩食 宅配

おかずの種類も様々なので選ぶ楽しみもあって食べる前からワクワクします。それではパッケージの雰囲気や温め方などをチェックしていきましょう。

メディカルフードサービス 減塩 感想

冷凍タイプの宅配弁当になっているので、食べたい時に電子レンジで温めるだけ。塩分量も1.7g以下になっているので1食2g以下の減塩生活をしている方でも安心です。ちなみにこちらのお弁当は…

メディカルフードサービス 塩分制限

食塩相当量が「1.5g」になっていました。

メディカルフードサービス 塩分制限

パッケージを確認すると、しっかりと仕切りが分かれているので、おかずとおかずが混ざってしまう事も少なく安心だと思いました。

メディカルフードサービス 温め方

パッケージの左隅に点線がありますが、温めるときは点線まで開けてから電子レンジでチンします。

メディカルフードサービス 実食

実際に温めるとこんな感じでした。パッケージにお皿のような柄が描いてあるのでそのまま食卓に並べても違和感がない雰囲気ですね。とはいえ…そのままだと味気ないので器に移して食卓に並べました。

メディカルフードサービス 実食

やっぱり器に移した方が美味しそうに見えますよね!そして今回のお弁当に入っていたメニューは次の4種類です。

  • すき焼き風
  • ゴボウの和えもの
  • 小松菜のお浸し
  • 枝豆(煮豆)

メディカルフードサービス 実食

メディカルフードサービス 実食

メディカルフードサービス 実食

メインの「すき焼き風」はしっかりとした味付けになっています。その他の副菜は薄味。これは減塩に慣れた自分でも「ちょっと薄いかな…」と感じるレベルでした。とはいえ、トータルの量はしっかりとあるのでこれで1.5gの塩分量だと考えたら妥当なのかも。

すき焼きのお肉もくっつき気味でパサパサしていたので…全体的な満足度は低めでした。ただ、今まで食べた他社のお弁当でも6個入っていたらこれはイマイチかな…と、思うものもあるので初回の感想としてはよくある事です。

メディカルフードサービス 野菜のカレー煮

翌日のお昼もメディカルフードサービスの塩分制限食を食べてみました。今回は「鶏肉とごろっと野菜のカレー煮」です。

メディカルフードサービス 実食

今回の食塩相当量は「1.7g」でした。メイン1種、副菜3種の4品で1.7gですから、こちらも減塩している方でも安心です。

メディカルフードサービス 実食

温めるとこんな感じです。そのまま食べても良いと思いますが…今回も器に移して食卓に並べます。

メディカルフードサービス 実食

ちょっとした手間がかかりますが、この方が豪華に見えますよね!ということで実食です。

メディカルフードサービス 実食

メディカルフードサービス 実食

メディカルフードサービス 実食

メディカルフードサービス 実食

今回のお弁当もメインの味付けは濃く、それ以外の副菜はかなり薄めの味付けでした。今まで様々な宅配食を食べてきたので、どうしても他社との比較になってしまいますが、もう少し副菜の味付けに工夫があるとよかったのにな。と、思いました。

とは言え、しっかりと栄養を考えた献立で塩分もカットしたお弁当は素晴らしいと思うので、残りのお弁当も食べてまた感想を書こうと思います。それでは、また。

ウェルネスダイニング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次