離乳食にも使える「じゃがいもフレーク」でポテトサラダを作ってみました。

先日空港に行ったとき北海道フェアみたいなイベントが開催されていて、そこで試食したら凄く美味しくて思わず購入してしまった「じゃがいもフレーク」という商品を紹介していきます。

目次

じゃがいもフレーク

じゃがいもフレーク

こちらが「じゃがいもフレーク」のパッケージです。北海道産のじゃがいもを100%使用しています。水を加えるだけで簡単に裏ごし状態になるのが最大のポイント。

じゃがいもフレーク

今回購入したのは「じゃがいも」タイプですが、この大望というメーカーからは、かぼちゃ、とうもろこし、にんじんなど様々な野菜フレークも発売されています。

じゃがいもフレーク 離乳食

添加物や着色料、そして保存料などを使用していないのでお子様にも安心だという事でした。離乳食にも使えると店員さんがアピールしていたので公式サイトをチェックしてみると…

  • 離乳初期(5~6ヵ月)
  • 離乳中期(7~8ヵ月)
  • 離乳後期(9~11ヵ月)

時期別に離乳食で使える8種類のレシピが掲載されていました。お子様への離乳食として考えている方には参考になるレシピだと思いました。

リンク:じゃがいもフレークレシピ 大望

今回はじゃがいもフレークに水を加え簡単なポテトサラダを作ってみたので、作り方を紹介します。

野菜フレーク 作り方

作り方といっても…約20グラムの野菜フレークにお水を加えて混ぜただけです。

野菜フレーク 使い方

最初はサクサクした感じが残っていますがしっかりと混ぜていけば…

野菜フレーク 使い方

ホクホクとした見た目のポテトになりました!自分でじゃがいもを茹でて作るより時短になりますし、何より北海道産のじゃがいもを使っているので美味しいんです。

さらに水菜やハムを混ぜて完成したのが次の写真です。減塩している人だったら自分で塩コショウを調整して作れるのもポイントですね。

じゃがいもフレーク ポテトサラダ

本当に簡単にポテトサラダが完成しました。その他、ビシソワーズやポテトグラタン、じゃがもち、などなど…工夫次第で様々なレシピに応用できます。

以下のリンク先には「大望のオススメレシピ」というページがありますので気になった方は是非チェックを。試食で食べた「かぼちゃのスープ」や「とうもろこしのスープ」も簡単に作れるとの事だったので次回は他の野菜フレークも試してみたいと思いました。

関連リンク

ウェルネスダイニング
じゃがいもフレーク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次