ヒガシマルの減塩うどんスープと無塩うどんの組み合わせが最高だった!

ヒガシマル 減塩 うどんスープ

先日スーパーで「ヒガシマル醤油 減塩うどんスープ」を購入しました。ヒガシマルのうどんスープは有名ですが減塩タイプの商品も販売されているんですね!

こちらは粉末タイプのつゆの素で塩分は従来品に比べて30%カットになっていました。また塩化カリウムは使用していないという事なので腎臓病で減塩している人でも安心して使う事が出来ます。

ヒガシマル 減塩

だしをしっかりきかせた、関西風のうどんだしが手軽に!と書いてあります。250ミリリットルの熱湯で粉末を溶かし、湯通ししたうどんを入れ、具材を乗せれば出来上がりです。また、お吸い物やだし巻き玉子などの料理を作るレシピも載っていました。

うどん 塩分相当量

1袋あたりの食塩相当量は2.8gになっています。減塩している人だったスープを全て飲み干す事はないと思うので…うどんに塩分がなければ1食2g以下の塩分で食べる事が出来そうです。

食塩ゼロ うどん

そこで今回はシマダヤの「無塩うどん」を使ってみました。これだったら減塩している人でも安心してうどんを食べる事が出来ます。

減塩うどんスープ

減塩うどんスープ

パッケージの中には個別包装された粉末うどんスープが入っていました。うどんを温めスープの中に入れてみましょう。

ヒガシマル うどんスープ

今回ヒガシマルのスープを使って始めて知った事は…粉末タイプのつゆの素ですが少しだけネギも入っているんですね!

減塩 うどん

今回使った具材は、油揚げ、ほうれん草、カツオ節です。麺と具材を食べてスープを半分くらい残すイメージで食べたので…1食2g以下でうどんを楽しむ事が出来ました。

実際に食べてみると、「かつお」と「昆布」のだしを従来品比で2.5倍使っているという事で香りも良く減塩ですが凄く美味しかったです!これから温かいうどんを食べるときは…ヒガシマルの減塩うどんスープとシマダヤの無塩うどんの組み合わせにしたいと思いました!昼食を簡単にすませたい時にも使えますしオススメです。

ヒガシマル 減塩 うどんスープ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次