減塩食ドットコム

〜減塩食で高血圧と腎疾患を改善しよう〜

輸入食品の塩分表記を確かめたい場合は「Nutrition Facts」の『Sodium』をチェック!

      2016/12/08

ビーフジャーキー 塩分

日本国内で購入した食品であれば「栄養成分表」のラベルが付いている事がほとんどなので減塩している人はそこから「ナトリウム(Na)」とか「食塩相当量」をチェックすれば、その食品に含まれている塩分量が分かります。

今回アメリカからのお土産でビーフジャーキーなどの食品を戴きました。ビーフジャーキーとか、かなり塩分が多そう!という事で成分表をチェックしましたが…塩分を表している英語がどれなのか分かりにくいんですよね。

アメリカの食品は「Nutrition Facts」をチェックしよう

アメリカの食品(生鮮食品を除く)には必ず「Nutrition Facts」というラベルが付いています。これが「栄養成分表」です。

Nutrition Facts

日本人の感覚だと「塩分」=「ソルト(salt)」と書かれた部分、もしくはナトリウムが英語になった部分を探したくなります。それがパッと見た感じだと分からないんですよ。

塩分 英語

「Nutrition Facts」の中で塩分表記を表す単語は『Sodium』です。

Sodium:ナトリウム量

たとえば「Sodium 80mg 3%」と書かれていればナトリウム量は「食塩換算で0.196g」ですね。ちなみに上の画像で「Potassium」と書かれているのは『カリウム』の事です。腎臓病の方がアメリカに行ったら確実に困るパターンですね。

  • ナトリウムがSodium
  • カリウムがPotassium

これは絶対に覚えておきましょう。『たんぱく質』は「Protein」で分かりやすいと思いますが、ナトリウムとカリウムは全く聞いたことが無い単語で分かりにくい。

トランス脂肪酸量

そして、、日本では気にしている人が少ない「Trans Fat(トランス脂肪酸量)」も絶対に書いてあります。欧米諸国だと「トランス脂肪酸」はとにかくNGです。それはいいとして、、、塩分表記1つにしても海外の食品だと分かりにくいので覚えておいた方がいいと思いました。

減塩食は英語で何?

減塩している人がアメリカに行った時や輸入食品を手にした時、チェックするべき項目は「Nutrition Facts」の『Sodium』だと分かりましたが、減塩食は英語で何というのか調べてみました。

減塩食品は「salt‐reduced food」と辞書には書かれていたので海外のスーパーなどで減塩タイプの食品を探す時に使える単語かも。覚えておいて損はないと思います。

減塩食宅配ランキング:高血圧・減塩中の方に人気です

第1位:塩分制限(2g以下)の宅配食がオススメ!

管理人も愛用しているウェルネスダイニングの宅配食が抜群の人気で2017年4月もランキング1位になりました。濃いめの味付けで「減塩食初心者」「一時的に減塩したい妊婦の方」などにオススメ。

当サイト経由申し込み数ナンバーワンの宅配食サービスで一番人気は送料無料のお試しセットです。

第2位:糖尿病・腎臓病の方におすすめの宅配食

管理栄養士が考案したという「糖尿病、腎臓病、そして高血圧の方向けに考えられたメニュー」がポイントの彩ダイニングが今月もランクインしました。

彩ダイニングには「たんぱく・塩分調整コース」が用意されているので腎臓病の方にもおすすめです。タンパク質と塩分両方を抑えたい方向けのコースになるので安心感が違います。

第3位:価格も安くて人気急上昇中の宅配食!

「食宅便ケアシリーズ」とは?

9,000人以上の管理栄養士・栄養士を擁する日清医療食品は、医療・介護施設の食事サービスシェアNo.1!

そのノウハウを活かして誕生した塩分・カロリーなど食事制限が必要な方におすすめの食事宅配サービスです。

7食セットの価格が他より安いのが最大の魅力!送料無料4340円(税込)

 - 減塩について