【減塩】初めてのレシピ本に選んだのは「腎臓病のごちそう術」です。

減塩食を意識するようになって、最初に困ったのは「毎日の献立」です。調味料を減塩タイプにして、しっかりと量を測って、なおかつ美味しい料理を作るのはとても難しいことです。そこで、まずは「レシピ本」を買って参考にすることにしました。

編集:「きょうの健康」番組制作班, 編集:主婦と生活社ライフ・プラス編集部, 監修:山縣 邦弘
¥351 (2022/08/25 06:51時点 | Amazon調べ)
目次

NHK きょうの健康「腎臓病のごちそう術」

腎臓病のごちそう術

初めての減塩レシピ本に選んだのは「腎臓病のごちそう術」です。NHK「きょうの健康」で放送された情報をベースに、慢性腎臓病の基本、基本治療、どういう食事が効果的なのか、そして減塩タイプのレシピがたくさん掲載されています。

腎臓病の食事は、「塩分が薄くて味気ない」「肉や魚が食べられないから物足りない」と思われがちですが、ちょっとしたコツさえ知っていれば、我慢せずにおいしいものを食べることができます。この本は、NHK「きょうの健康」で放送された情報をもとに、番組にも出演いただいた筑波大学大学院教授の山縣邦弘先生に監修をお願いして、腎臓病の「ごちそうレシピ」と「ちょっとしたコツ」をたっぷりとご紹介しています。

腎臓病のごちそう術を選んだ理由と料理を作ってみた感想

減塩レシピ本は大量に出版されていて、どの本を買おうか迷いましたが…この本を選んだ理由は次の通り。

  • レシピの数が111品でボリューム感がある!
  • 主菜、副菜、スープなど細かく分かれている
  • 食べてみたい料理がたくさん掲載されている

実際に、この本から数種類のレシピを作ってみましたが、レシピ通りに作ると少し量が少なく感じました。ですから、主食だけじゃなく掲載されている副菜も一緒に作るのが基本になっているようです。

この記事を書いたのは2015年ですが、現在は「腎臓病のごちそう術 最新改訂版」が発売されているので、これから買う方はこちらをチェックしてください。

主婦と生活社
¥1,430 (2022/08/25 07:00時点 | Amazon調べ)
ウェルネスダイニング
腎臓病のごちそう術

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次