だしの素は塩分が多いって知ってた?「素材力だし」なら化学調味料、食塩が無添加で安心です!

何気なく使っている「だしの素」にも塩分が含まれているってみなさん知っていましたか?自分はネフローゼで減塩食に切り替えるまで「だしの素」の塩分を気にしたことがなかったんですが一般的なだしの素には塩分が約40%含まれているんですって。

だしの素 塩分

確かに、だしの素を入れるだけで、何となく塩味が付くような気がします。有名な「ほんだし」の塩分を調べてみると1グラムあたりの食塩相当量は0.42gになっていました。

ですから減塩で料理を作ろうと思っても、だしの素を使うだけで予想以上の塩分を使ってしまいます。

もちろん、自分でだしを取ればいいんですけど、時間がない時は簡単に使えるものが便利だと思いますよね?そこで今回買ってきたのが「素材力だし」という化学調味料、食塩が無添加のだしの素です。

目次

リケン 素材力だし(本かつおだし)

素材力だし

ちなみにこの商品は「素材力だし」の『本かつおだし』です。

素材力だしには、本かつおだし、焼きあごだし、こんぶだし、いりこだし、合わせだし(しいたけとこんぶ)、全部で5種類のラインナップがあり、全て化学調味料、食塩無添加になっています。それではコチラの「本かつおだし」を詳しくチェックしましょう。

だしの素 塩分

先ほども書きましたが「一般的なだしの素には塩分が約40%含まれています」とパッケージに書かれていました。だしの素1グラム中の食塩相当量がイラストで描かれていますが…こうしてみると、顆粒風味調味料には多くの食塩が使われている事が分かりますね。

素材力だし 塩分

みそ汁1杯分の栄養成分をチェックすると、食塩相当量は先ほどのイラストで描かれていたのとおなじ「0.03グラム」です。素材力だしの食塩相当量は「かつお節等に由来するもの」という事です。

素材力だし 感想

昨日はコチラの「素材力だし(本かつおだし)」を使った「サバのみぞれ煮」が晩ご飯のメニューでした。

サバのみぞれ煮

塩分を控えると、どうしても味が薄くなるので…アクセントに大葉などを散らすのがおすすめです。

時間がある時はかつお節でだしを取って、煮物などを作る時や炊き込みご飯を作る時など、少しだけ「だし」が必要な時は、素材力だしを使っていこうと思いました。これは便利でおすすめです。

ウェルネスダイニング
素材力だし

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次